場数は大事だけど、1打席1打席への仮説と検証、改善の質が肝になる。闇雲じゃダメ。


こんにちは!ハゲてますよー!(@hagetemasu7)

めちゃくちゃDJ失敗したんですよ。

原因は箱の大きさの違い。キックの鳴りだったりが違いすぎて、だいぶうまくいかず。うまくいかないので、さらにパニックになり、全くダメでしたね。ただね、それでも一つ言いたい。場数が大事。何より失敗できることの方が大事、成功よりも。

ただ、闇雲に打席に立つのはダメ。常に仮説を立てて、挑戦し、反省し、次同じ失敗をしないためにどうすればいいか考える。闇雲では意味がない。打席に立たないよりはましだけど、打席が定期的にくるようになったら、1打席1打席への仮説と検証、改善の質が肝になる。

それがないと、行動をするだけの人、つまり打席でフルスイングするだけの人になって、打席への場慣れはするかもだけど、ピッチャーから放たれるボールがどこにきて、どういう風にスイングすればヒットになるかの仮説の精度は上がらない。

残酷な話で、打席に恵まれている人は、たまにホームランやクリティカルヒットを放つ場合がある。場慣れしていたり、調子がよかったりするから。だけど、それは再現性がない。同じようにヒットさせようとして、ヒットにすることができない。

だからこそ、一個一個の仮説の精度は上げていく必要がある。すぐには上がらないから、仮説を立てて、挑戦し、反省し、次同じ失敗をしないためにどうすればいいかを考えることの連続。これだけ。

仮説を建てる場合は成功している場合と失敗した場合の固定値と変数値を定義した方が仮説を立てやすいけど、その話はまた今度書こう。


スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code class="" title="" data-url=""> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <pre class="" title="" data-url=""> <span class="" title="" data-url="">