曲の起承転結を操るコード進行とメロディの関係【初めての作曲】

Logic pro Xでカエルの歌

スポンサードリンク


こんにちは!ハゲてるよー!(@hagetemasu7)

先週、ようやくMacbook proを買って、Logic pro Xで音楽を作り始めました。

カエルの歌2小節作るのに2時間かかりましたね。
それがこちら

今週は、起承転結を学びました。基本的に日本の曲には、始まりのイントロがあって、最初のメロディがあって、曲の溜めがあって、最後にサビで盛り上がるわけです!起承転結を簡単に言えば、こういうことです。

それで、この起承転結を作るのがメロディとコード進行なんですが、コード進行がホントに大事。僕の場合だとプリセットで作った「二本目」という曲に関して、完全に起承転結無視で、「お前どこから俺らは踊り狂えばええんや!」といった感じで、盛り上がりがわかりにくい曲になっていました。

それでコード進行を今回は意識してカエルの歌を最後まで作ってみました。まあ、音楽に関して何にも知らないわけですからね、難しいことはわかりませんが、とりあえず、起承転結の「転」の部分で溜めて、「結」で最高の盛り上がりになるように意識しました。

じゃあね。


スポンサードリンク