airbnbホストの経験から、外国人観光客にもっとワクワクしてもらうウェブサービスをRubyで開発します!

外国人観光客にワクワク

こんにちは!ハゲてるよー!(@hagetemasu7)

Rubyでどんなウェブサービスが開発できるのかはなんとなくわかったので、いよいよ、Rubyで何をつくりたいか考えていきたいと思います。

とはいったものの、全然何やりたいかアイデアが浮かばない。何にも出てこない。どうしよう???と思っていたら、ぼくのハゲについてぼく以上に知り尽くしている、このブログには度々登場する練馬在住の起業家が、いいタイミングでぼくの部屋に泊まりにきました。

で、言ってくれたのが、

自分にしかない経験で戦った方がいい。

結局、何かつくろうと思って、人をワクワクさせようと思ったら、並々ならぬ努力はもちろんのこと、すでに自分が持っている何かしらの強みを活かさなければ、できないんじゃない?というけっこう当たり前のようでいて、意外に自分では気づかなかった点を指摘してくれました。ぼくは、単純に自分のやりたいことベースで探していたので、自分の強みは特に意識していなかったからだと思います。

で、何が自分の強みなのか?と言うと、2つ頭に思い浮かびました。

ひとつ目は、23歳にして、平均毛髪不毛速度MAXで、ハゲたことです。

ふたつ目は、airbnbのホストとして、日記レベルで長いレビューを書かれる、最高のホスピタリティーを外国人観光客に届けたことです。

まあ、ひとつ目は言わずもがなですね。ふたつ目に関して言うと、ぼくはairbnbのホストをやっていました。なぜかというと、ルームメイトが家を出て行ったから、なんですが。まあ、それをキッカケに、23都市から来た30人の外国人観光客をもてなすという、類まれな経験をしました。

さて、この2つの強みは、おそらく日本代表クラスです。(調べてませんが)まあ、どっちにしようかな?と思ったんですが、ふたつ目にしようと思います。常にハゲてるのに、ハゲのことについて年中考えながら、開発するなんて、もっとハゲちゃうなと思ったからです。

まあ、観光関連市場は2020年オリンピックに向けても、どんどん伸びますし、ビジネスにするにもいいんじゃないかなと思います。まあ、いろんな観光関連のいろんなサービスがどんどん出ているのは確かですが。伸びてる市場で挑戦することに価値があると思います。

そんな感じで、具体的にサービス内容掘り下げていきます。

じゃあね。


スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code class="" title="" data-url=""> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <pre class="" title="" data-url=""> <span class="" title="" data-url="">