DAWソフト・ロジックプロで作曲した1曲目「帰り道」ができました。【初めてのDTM】

帰り道

こんにちは!ハゲてますよー!(@hagetemasu7)

1曲できました

ようやく1曲目ができました。

2016年の5月からDTMをやり始めて、やっとできました。その過程は、今年1年の音楽制作を振り返ったので、この記事をみてください

2017年はDTMで何を作曲しようかな?【今年の抱負】

2017年

ちなみに、メロディをピアノバージョンでも作ってみたので、聴いてみてください。

1曲作って感じたこと

まあ、1曲を作って何を思ったかというと、以下の通りです。

本当に曲を出すまではわからない。もっと曲を作っていこうと思いました。

ということでつべこべ言わず、今年はもっと宣言した通り、2017年は6曲作曲します。

理由はこないだの記事で書いたのですが、もう一回引用して、ここに残しておきます。

2017年の抱負

さて、2016年を振り返りました。DTMを始めて、まさか1曲仕上げるところまでできるとは今年の5月の時点では、思いませんでした。正直、自分でも驚いています。で、2017年何をするかですよ。さっき、大学の後輩から勢いよく、「先輩はまだまだプロじゃない!」っていう指摘を受けました。

まあ、確かに制作段階でyoutubeにアップしちゃってるのは、プロではないなって自分でも思うんですよね。今回はゼロから音楽制作をするので、どんな感じで音楽作ってるのかなーっていうのも含めて、ブログにしてみたかったので、制作段階の途中のものもyoutubeやインスタにあげてたんですけど。まあ、後輩のいう通り、プロはそんなことしないんですよね。

ということで

1曲仕上げてからアップするようにしますよ。プロダクトで証明しますよ。正々堂々。今回の曲が3ヶ月で1曲作れたので、来年は2ヶ月に1曲作れるように頑張ります。なので、来年は6曲作って、EPとか出したいですね笑

まあ、曲の数ではないと思うんですけど、あくまで一つの指標として2017年は6曲作曲するという指標を立てたいと思います。それで、目標としては、何か曲を作って、対価を得られるレベルまで仕上げられるように頑張りたいと思います。プロとアマチュアの違いって対価を得られるか、得られないかだと思うんですよ。簡単に言っちゃえば、お金が発生するかしないか。

さっき大学の後輩が言っていた、趣味の領域を抜け出すには、お金が発生するレベル、対価が発生するレベルまでいく必要があるなと思ってます。2017年は対価が発生するレベルまで曲を仕上げられるようにしたいと思います。

ということで(2回目)

2017年の抱負は、対価(お金)が発生するレベルまでDTMで作曲できるようにする

です。

じゃあね。


スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code class="" title="" data-url=""> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <pre class="" title="" data-url=""> <span class="" title="" data-url="">