シェアハウスのルームメイトにハゲまされてwordpressでブログを書き始めました!

ブログ書き始めた理由

こんにちは!ハゲてるよー!(@hagetemasu7)

きょうは、そもそも、ブログを書いてる理由を書きます。始めたきっかけは、私の日本語がおかしいとシェアハウスの元ルームメイトからよく言われたからです。(そもそも、この文章がおかしかったら、コメントお願いします笑)

まとまった長文を書くことで、少しまともな日本語が書けるようになるのではないかということで、定期的にブログを書き始めることにしました。題材は決まっていました。ハゲでした。ちょうど、プロペシアという男性型脱毛症の薬を飲み始めたので、「22歳でハゲたから、AGAやります」というブログをアメブロを使って始めました。

プロペシアを飲み始めたきっかけは、ルームメイトとのハゲバトルでした。普段は、シェアハウスに大学の友達と住んでます。もう3年目ですね。第二の家族のような仲で、いいやつらばかりですが、ひとつ問題がありました。

3人中2人がハゲていました。そのルームメイトは21歳でハゲてました。どういうハゲか?河童風ハゲです。鉄拳の平八そっくりでした。ちょっと盛りました。(平八ほどハゲてないという意味です。)マジョリティがハゲという恐ろしい空間でした。

ところが、2014年の春ごろ、その彼がプロペシアをやり始めました。正確には、抜け毛を予防するプロペシアと発毛促進剤を使っていました(発毛促進剤の名前聞き忘れた・・)実は、私はリアップというよく水谷豊さんがCMで推している発毛促進剤を使ってましたが、けっこう適当にやっていました。別にハゲてても自分自身どうでもいいことだなあと思ってたからです。ホント、精神的にもハゲ散らかしてますね。

結果その彼は半年後大復活を果たして、ハゲバトルに負けました。「プロペシアスゲえな」なんて、これっぽっちも思ってませんでしたが、シェアハウスと母の勧めでプロペシアを服用し始め、服用と同時に、ブログを書き始めました。

さて、書いているうちに思ったことが、自分のハゲのことを真剣に考えるのは辛いということです。ブログを書くときは一人になります。孤独な中、日常の生活では薄っぺらくしか考えないハゲについて、深掘りしていきます。もっとハゲそうになります。

辛いながらも書いていくと、あることに気付きました。それは、自分のハゲと自分自身を切り分けて考えて、自分のハゲの部分をブログに投影した時に、どんなことを自分は書くのか、自分はどんなことを考えているのか、知りたかったのかもしれないということです。自分のハゲというアイデンティティを自分の外側に置いて考えてみたかったのかもしれません。

ブログは、何人かいる自分の一人を切り離し、客観的に見ることに秀でているのかもしれないと思いました。

ブログを書くのが楽しくなってきて、もっとブログを自分でつくってみたいと思い、wordpressで書き始めました!

これからもよろしくお願いします!!

じゃあね


スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code class="" title="" data-url=""> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <pre class="" title="" data-url=""> <span class="" title="" data-url="">