えっ…池袋で地震?エアビーゲストと巻き起こしたワンナイトラブ【23都市から30人を迎い入れたairbnbホストのつぶやき】

一夜の恋

こんにちは!ハゲてますよー!(@hagetemasu7)

女性ひとりでもairbnb泊まり来るんですよ

ぼくはairbnbをやっていて、この1年で23都市から30人のゲストを受け入れ、合計119泊、外国人が僕の
泊まってくれました。
それだけしてればいろいろあります。airbnb始めたきっかけは偶然だったんですが、人生いろいろあるものです。

よく聞かれるんですが、「女性って1人で泊まりに来るんですか?」来るんですよ!いままで6人います!イタリア、タイ、台湾、ドイツ、香港、オランダと、国、地域は様々ですね。4月にはフランスからも来るので楽しみです!

けっこうびっくりされますね。日本人だと、男3人の家に女性1人で泊まりに行くなんて!と思うかもしれません。いや、たぶん普通に思いますよね笑泊まりに来る方々は何の抵抗もなかったみたいでしたね。むしろ楽しんでました笑

女性1人でも泊まりに来るんだ!と言われたあとに必ず来る質問が、「えっ…一緒の部屋泊まってたら、そういうこともあるでしょ?」
いやいや、ないです。あくまでもホストとゲストの関係ですからね、と言いたかっんですが、あります笑。オランダ人とですね。誤解を招きたくないので言いますが、ぼくから誘ったわけではありません。向こうからです。無理矢理ではないですよ。合意の上です。本当に。

池袋のカラ館へ

「Hey,You wanne join me?I am karaoke singing at ikebukuro」
連絡は午前0時47分に突然きました。ちょうど寝ようと思っていた矢先でした。前日の朝、そのオランダ人のゲストはぼくの家をチェックアウトして、出ていきました。その夜だったので、びっくりしましたね。その夜、ぼくは友達と飲んでかなりいい気持ちでお布団の中に入ったので、正直行くのは面倒くさかったのですが・・・。まあ、わざわざぼくの住んでる池袋で飲んでくれているわけだし、行くか!と思って、カラ館へ。

部屋に着くと、欧州系の外国人の方と日本人の方が。その日宿泊するairbnbのホストの方と別のゲストの方のようでした。それはともかく、めちゃくちゃオランダ人ベロンベロン。着くなり、ものすごい勢いで抱きつかれました。身長170センチでぼくより肩幅は1.2倍ぐらいあったので、けっこう腰に来ましたね。それから、0時から3時までカラオケにいました。

何やらぼくがいるだけで、めちゃくちゃ楽しかったようで。途中なんか英語で話しかけてきたんですが、誰かがカラオケ歌ってる最中でサッパリ聞き取れてない時も、うんうん頷いてるだけで、「Thank you!Thank you!」と言って抱きついてきました。カラオケも終わりに近づいてきたころ、

「Can I stay your house tonight?」と言ってきました。「I wanna get drink tonight with you!!!」
泊まる先はあるんですよ。それでも、ぼくと飲みたいと言ってきたので、まあよほど飲みたいのだなと思い(ぼくはけっこうすなおです。)「Sure!」と言うと、また腰に響くほどの勢いで抱きついてきました。

首がもげるかと思うほどのキス

帰宅の途についたところから、もうキックオフですよ。泊まらせてくれてありがとうのチューが半端じゃない・・・。

ぼくが160センチしかないのに対して、向こうが170センチぐらいあるので、向こうも近づくものの、向こうがぼくの頭を少し持ちあげる形で45度の角度でキスをしてくるので、ぼくの首がもげそうになりました。あんなに頭にキスされたのは初めてですね。あらゆる角度からキスされまくりましたね。頭にキスして気持ちいいんですかね??けっこう、疑問です。それで、帰宅するまでの10分間されるがままでした。

オランダからの洗礼

すなおなぼくでも、家に着いたら何かあると気付きました。この時点でぼくは相当疲れ切っていたこと、初オランダ人だしいいかと思って、されるがままでもよいかという気持ちになっていました。家に着いて、ベッド敷くよとぼくが言うと、
「You don’t have to」の一言。ああ、そう。もうなんか疲れ切っていたので、もういいやって気持ちでしたね、すでに。一緒のベッドに入るも、4分の一ぐらい本当に寝たい気持ちもあったので、オランダ人に背を向けて寝ました。そしたら、

「あなたはオランダから来た性の千手観音ですか?」と思うほど、手が伸びてきて、ぼくの身体をサワサワ。さすが観音様は男が感じるあらゆるポイントを熟知してるわけですよ。ぼくのエンジンも全開。完全にキックオフです。

えっ・・・地震?

1回ぼくがよろしくやってるころ、隣ではアニメ好きのルームメイトがガッツリ起きていました。ちなみに、僕たちはシェアハウスに3人で住んでます。けっこうな深夜ですよ。ぼくが本気でよろしくやり始めたのなんて、3時半ごろですからね。

あとで聞いた話ですが、コーヒー飲んでしまって眠れなかったようですね。まさかそんな日に眠れなかったルームメイト。何とか寝ようとしていたところ、家が揺れ始めたようです。

築40年の一軒家なので、台風の時は強風で揺れるほど軟弱な家なのは間違いないのですが。それよりも揺れたそうです。初期微動を感じて慌てたルームメイトはtwitterで「地震」と調べました。そう、twitterは一番はやい。地震の時はみんなつぶやく。そうルームメイトは信じていました。

ところが、誰もつぶやいていない。なんでだろう?外に出て確認しようと玄関まで行くと、見知らぬパンプスがある。

ん?

隣の部屋のドアに耳をそばだてると、地震の正体がわかりました。

そう、震源は隣の部屋でした。

ブチ切れのアニメ好きのルームメイトはラブライブを音量MAXで流し始めました。

Don’t mind

急にラブライブが流れ始めて、ぼくは地震を止めて、二人してドアの方を見ました。まずい。バレた。顔を見合わせました。彼女が、
「He started to watch an animation. He noticed that….」
でも、ぼくは、興奮を抑え切れなかった。「Don’t mind」と言って口を塞ぎ、その営みは小鳥がチュンチュンと鳴く朝の6時まで続きました。

以上、ハゲに恋人ができるまで第二弾でした。いかがだったでしょうか?第一弾の「銀座・コリドー街での人妻赤ちゃんプレイ【ハゲに恋人ができるまで】」mもよかったら見てみてください。

じゃあね。


スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code class="" title="" data-url=""> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <pre class="" title="" data-url=""> <span class="" title="" data-url="">