IPアドレスがセキュリティ上の違反を行っている可能性があり、ワードプレスにログインできなくなった時の解決策【IT企業1年目】

chromebook対応のshitedit

スポンサードリンク


こんにちは!ハゲてるよー!(@hagetemasu7)

wordpressにログインできない

さて、Rubyで本格的に開発しようと思って、どうも、ディベロッパーモードというchromebookを普段ネットサーフィンしてるモードではなく、実際に開発するようにしないと、正攻法では開発できないようなんです。

ですが、それすると、ローカルにあるファイルとかfacebook等のアカウント連携とか全部削除されちゃうらしんですよね。なんで、HDD等のハードに落としておくか、Google drive等のクラウドに上げてバックアップとらなきゃいけないらしんですよ。

参考:Chromebookで開発環境を整えるためにしたこと

それで、パスワードとかも適当に管理していたので、この際だから、いろんなパスワードとかも確認しておこうと思って、まず、wordpressのパスワードから確認したんですよね。そしたら、事件ですよ。

もう焦りまくって、このツイートですよ。どんな画面が出たのかも画像貼りたかったんですけど、焦りまくっていたので、ないです。すいません。ですけど、この事態が起こった時の対処法を紹介している記事があったので、紹介します。

Yukun’s Blogさんに助けられました

Yukun’s Blogさんの「WordPress: 対処例→あなたのIPはセキュリティ上の違反を行っている可能性があるものとしてマークされています。」という記事です。

ホント助かりました。これ見れば余裕です。

FTP接続して、あるファイルにあるコードを1行更新するだけなんで、マジで余裕です。

『えっ?何が余裕かわからねーよ。というか、「FTP接続して、あるファイルにあるコードを1行更新するだけなんで、マジで余裕です。」ってそもそも何言ってんのかわかんねーよ、ハゲ!』

という声が聞こえたきたので、FTP接続でファイルあげてコードを載せるまでなんとなく説明してみます。あっ、ちなみにもうハゲているので、その攻撃はききませんよ\(^o^)/

FTP接続でファイルあげてコードを載せるまで

ぼくは、独自ドメインをお名前ドットコムというサイトでとって、サーバーもお名前ドットコムで借りているので、その前提で話します。

大まかな流れを説明します。

  • ➀自分が契約しているサーバーのコントロールパネル(管理画面)にログイン
  • ➁コントロールパネルでweb設定のFTP・SSHアカウントをクリック
  • ➂FTP・SSHアカウントの管理者アカウント情報を確認
  • ➃サーバーにアクセスして、ファイルをアップできる(FTP接続)ようなエディタにログイン
  • はい。こんな感じです。そこからは、「WordPress: 対処例→あなたのIPはセキュリティ上の違反を行っている可能性があるものとしてマークされています。」の記事の対処例を見てみてください。

    じゃあ、➀からですね。ぼくは、お名前ドットコムというサービスでサーバーも借りているので、そのサーバーの管理画面にアクセスします。ドメインの方ではないですよ。サーバーの方です。

    お名前ドットコムでサーバーログイン

    お名前ドットコムでサーバーログイン

    このログイン画面ですね。ここまで行ってください。

    ➁です。ログインすると、以下の画面に行くはずです。

    お名前ドットコムのサーバーnavi

    お名前ドットコムのサーバーnavi

    このサービス情報のご利用サービス確認を押すと、自分が契約しているプランが見えるはずです。

    お名前ドットコムでサービス確認

    お名前ドットコムでサービス確認

    ここのコントロールパネルの下の「ログインする」というボタンを押すと、コントロールパネルに行けます。コントロールパネルは管理画面のことです。たぶん。

    お名前ドットコムのコントロールパネル

    お名前ドットコムのコントロールパネル

    ➂です。これのWEB設定のFTP・SSHアカウントをクリックすると、自分の管理者アカウント接続情報が見れて、自分のサーバー名とパスワードがわかります。

    ➃です。ここまでわかったら、次はサーバーにアクセスします。➂まではサーバーの情報を確認してるだけであって、サーバーの中にあるファイルをいじっているわけではないので、ファイルをいじれるように接続しなければなりません。その接続のことをFTP(file transfer protocol)接続といいます。

    これはFTPに関しては、いろんなサービスがあります。

    FTPというのは、サーバーに直接接続して、ファイルをアップするもので、winscp

    winscp

    FileZilla

    filezilla

    という無料ソフトをインターネットからダウンロードできるので、ダウンロードしてインストールして使ってみてください。

    ぼくは愛用のchromebookに対応しているshifteditというエディタを使って、ファイルをいじったり、アップしたりしています。こんな感じの画面です。

    chromebook対応のshitedit

    chromebook対応のshitedit

    この画面のMr.Boldと書いてある横の横に三本線があるので、それをクリックすると、New siteというボタンがあるので、それをクリックすると、サーバーとこのエディタをひも付けられます。

    その方法は、ブログ名つけてくださいさんのChromebookでFTP接続できる。オンラインエディタ「ShiftEdit」にスゲーわかりやすく書いてあるので、これ見れば一発でわかります。

    さっき➂で管理者アカウント接続情報の中の自分のサーバー名とパスワードを確認したと思うんですけど、ここでそれらを入力します。

    はい。それでサーバーとこのエディタをひも付けられたら、「WordPress: 対処例→あなたのIPはセキュリティ上の違反を行っている可能性があるものとしてマークされています。」の記事の対処例を見てみてください。

    さいごに

    マジ、文章で説明するの大変すぎるけど、先人の記事に助けられて、なんとか書き終えました。インターネット上でただで、いろんな情報見れるってマジ神だなって改めて思いました。

    じゃあね。


    スポンサードリンク