パソコンで作曲してる「帰り道」のAメロ、Bメロが仕上がってきた!【初めてのDTM】

帰り道

こんにちは!ハゲてるよー!(@hagetemasu7)

仕上がってきました

仕上がってきました。

今年の5月から「コード進行?何それ?美味しいの?」状態から、ゼロからDTMで音楽制作しています。まあ。何も成果が残らないのが嫌なので、年内に1曲作曲できるように頑張っています。で、「帰り道」という曲を作曲しています。ちなみに、Logic pro XというDAWソフトをmacbook proに入れて作曲しています。
こんな感じで。

Bメロがちょっとずつできてきた。8ビートも入れてみた。

hagebeatさん(@hagebeat)が投稿した動画 –

「あれ?「Coin Laundry」じゃなかったけ?」と熱心なhagebeatsファンは思うかもしれません。いやあ、ちょっとね、歌詞が「Coin Laundry」に無理やり寄せてる感がありまして、そもそも、僕「Coin Laundry」をあんまり使わないし、思い入れもないし。ということで、もともと会社から自宅に帰っていた時に、ふと、思った曲だったなということで、「帰り道」というタイトルにしました。

AメロとBメロ

さて、その「帰り道」なんですが、 AメロとBメロのドラム、ベース、コード、メロディが仕上がってきて、なんとなく曲っぽくなってきたので、youtubeにとりあえずあげました。とりあえずね。

ちょっとメロディがずれてるところはあるんですが、あしからず。これから、今、ピアノで弾いてるメロディに関しては、レコーディングしていくので、まあ、ちょっとずれてても、まあ、いっかなっていう感じです。こんな感じでサビの録音した時みたいに、カラ館でやる予定です。

あとちょっとだな。本当に。体感は本当にあとちょっと。「全然できてねーじゃん!」って思うかもしれませんが、体感はあとちょっとです。ここまでが本当に長かった。2ヶ月くらいかかりましたからね。それで学ぶことも多かったわけです。

自分で作った曲から、学ぶことが多い。聞いてると、今まで考えてたことがギュギュッと凝縮して脳内に入ってくる感覚があります。「あっ。俺こんなこと表現したかったんだなあ・・・」っていう感覚です。それがギュギュッとしてます。なにせ、数十秒ですからね。

なんか不思議な感覚ですが、自分の考えてることよりも、自分で作った曲が語ってくれている。僕が考えていることが詰まったものが僕の曲なんです、当たり前ですけど。でも、僕自身は自分の曲が語るほど、語れるものはないんですよね。

何、言ってるんだろ。僕。

さいごに

まあ、いいや。ちゃんと仕上げて、年内に1曲作れるようにラストスパート頑張ります。


スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code class="" title="" data-url=""> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <pre class="" title="" data-url=""> <span class="" title="" data-url="">