Logic pro Xでオーディオインターフェースかまして録音した時に再生されない時は出力を確認しよう

スクリーンショット 2017-05-11 1.11.40

こんにちは!ハゲてますよー!(@hagetemasu7)

コンデンサマイクで録音してました

みなさん、音楽制作をしていれば避けては通れないボーカルの録音という作業があります。まあ、ボーカル録音しないで、サンプリングだけでやる場合は、避けては通れないわけではないか。まあ、ぼくみたいにj-pop作る人は避けては通れないかと思います。

その時、オーディオインターフェースをかまして、コンデンサマイクをつなげる場合があると思うんですよね。ぼくもきょう、録音してたんですよ。

ただ、録音まではうまく言ったんですけど、波形も取れてるのに、なぜか、再生されないという現象が発生したんですよ!なぜなんだ!という謎に30分ぐらい向き合って解決したので、この小さなtipsを共有します。

録音までできてるのに再生されないのはなぜか?

一言で言えば、トラックがno outputになってる可能性があります。ぼくの場合はそうでした。各トラックはこの真ん中のミキサーのアイコンっっぽいボタンを押せば、確認できます。

そうすると、下にこういうミキサーみたいな画面が出てくると思うんですよね。ここで、ミキシングとかをするんですが、各ピアノとかギターとかベースとかボーカルのトラックが並んでいます。注目したいのは、このno outputとなっているから、せっかく録音された音源もここがno outputだと再生されないんです。もともと、音を取り入れるトラックなんで、あえて、no outputなってるんです。

スクリーンショット 2017-05-11 1.11.28

だから、このno outputを押して、outputからStereo outputを選択すると、再生されるようになります。

スクリーンショット 2017-05-11 1.11.40

さいごに

ということでした。こんなことウェブ上で載ってないし、そもそもリテラシーがなさすぎて、調べられないという。という感じで意外と簡単なことがわからなかったりするので、とりあえずアップしました。同じムジナの人たちは、これ見て解決してくれたら嬉しいです。

ボーカル録り #vocal #mic #audiokontrol1 #audiointerface #nativeinstruments

hagebeatさん(@hagebeat)がシェアした投稿 –


スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code class="" title="" data-url=""> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <pre class="" title="" data-url=""> <span class="" title="" data-url="">