無意識にバカになれないと先輩には愛されないという話

無意識バカは先輩に愛される?

スポンサードリンク


こんにちは!ハゲてるよー!(@hagetemasu7)

ルームメイトが1週間の研修から帰ってきて、久しぶりに話していたのですが(シェアハウスに住んでいると、1週間はひさしぶりです。そこんところはよろしくです)、「オレ、後輩に慕われているだよね。」と言われました。確かに、そいつは本当めちゃめちゃ後輩が多くて、大学を3歩歩けば、誰かとハイタッチできるほど、多かったと豪語していました。

「おハゲさんは、後輩いないよな。」

そうなんですよね。後輩がいない。後輩に慕われない。なんか接しにくいみたいです。人によっては怖いと思う後輩もいるみたいで・・・。病気的にハゲているから怖いってこと???かと思いましたが、そういうことでもないみたいです。

「でも、先輩には愛されるよな。」

そうなんです。先輩に愛されるんです。

たぶん、無意識にバカになれるからだと思うんですよね。無意識にバカになれる人の特徴としては、ひどく素直で、ぎこちなさのない愛される笑顔がつくれる人だと思ってます。無意識にですよ。

意識的に、「無意識にバカやってますよ」という体もできるとは思いますが、それはバレます。意識的に「無意識にバカやれる」先輩と鉢合わせた時にバレます。だから、逆に言うと、無意識にバカやれる人は、意識的に「無意識にバカやれる」先輩から愛されます。無意識にバカやってる人の純朴な哀しさを知ってるからですかねwwぼくにはそこまでわかりません。

じゃあね。


スポンサードリンク