漫画・プラネテスは死生観の話だと僕は思う

スクリーンショット 2019-02-17 11.37.31

スポンサードリンク


こんにちは。hagebeatsです。

今日紹介する漫画はこちら。

プラネテス(1) (モーニング KC)
幸村 誠
講談社
売り上げランキング: 25,046

概要

概要は以下参照

2070年代、人間は地球圏を月面にまでようやく押し広げていた。
夢とエゴに満ちた航宙士志望の青年・星野八郎太(通称ハチマキ)の成長を軸に描く、「惑う人々(プラネテス)」たちの物語。「SF」を一段階進めた大傑作。
2002年度星雲賞コミック部門受賞。2003年にはNHKでアニメ放送開始。そのアニメも2005年度星雲賞メディア部門受賞。同賞の原作・アニメのW受賞は『風の谷のナウシカ』以来だと評判になった。

しがないデブリ(宇宙廃棄物)回収船に乗り組むハチマキは、大きな夢を持ちつつも、貧相な現実と不安定な自分に抗いきれずにいる。同僚のユーリは、喪った妻の思い出に後ろ髪を引かれ、自分の未来を探せずにいる。前世紀から続く大気の底の問題は未解決のままで、先進各国はその権勢を成層圏の外まで及ぼしている。人類はその腕を成層圏の外側にまで伸ばした。しかし、生きることーーその強さも弱さも何も変わらなかった。

名言一覧

死生観を問われる

死生観の話。社会の縮図を描き出したような作品だなと。何かって言うと、宇宙っていう新たなプラットフォームが開拓された2070年の話なんですが、そんな未来でも人間の営みは変わらないことを巧妙に描いてる。未来SF作品であるのに、いまある社会課題の社会風刺的漫画だ。未来も変わらない。未来に期待するなと言われた気分にさえなる。

プラネテス(2) (モーニング KC)
幸村 誠
講談社
売り上げランキング: 30,344

幸村誠先生が気になる方へ

結構お茶目。


スポンサードリンク

ABOUTこの記事をかいた人

某テレビ局のバイトのストレスで22歳にしてハゲる→ハゲた経験を活かしブログ始めました。現在25歳。ハゲ以外は作曲かDJのこと書いてる雑記。ユーチューバーもやってます。
詳しいプロフィールはこちら

youtubeチャンネルはこちら