wordpressで運用しているブログのサーバーをお名前.comからエックスサーバーに移行します。(後半戦)

サーバ移行

こんにちは!ハゲてますよー!(@hagetemasu7)

えっとですね。サーバー移行というのをやってます。そもそも、サーバーってなんぞやレベルの方のために、僕が必死にレストランを例にサーバーを説明した記事があるので、それを引っ張ってきました。

サーバーとは?

サーバー移行ってなんぞや?かというと、まず、サーバーっていうのは、すべてのウェブページが表示されるのに必要なやーつです。ちなみに、サーバーっていうのの語源は、「serve」から来ているので、受け渡すとか、返すみたいな意味があります。

それで、サーバーっていうのはですね、例えて言うと、ウェイターさんのことです。レストランを想像してください。まず、お客さんからの注文が入ります。

「ハンバーグ」と「サラダ」ください

はい。こんな感じできますね。そうすると、厨房にオーダーが入ります。

何番テーブルは「ハンバーグ」と「サラダ」です。

それで、ハンバーグとサラダを作ります。

ハンバーグとサラダができると、

「ハンバーグ」と「サラダ」何番テーブルに持って行って!

となります。

ここで、オーダーを聞いたウェイターさん再登場です。注文をしたお客様の元に「ハンバーグ」と「サラダ」を持っていかなくてはなりません。

はい、ということでサーバーの説明は以上です。なんとなくわかりましたかね?つまり、お客様(ウェブページをサーフィンしている僕ら)がレストラン(googleやyahoo等の検索エンジン)でハンバーグやサラダ(みたいウェブページ)を見ようとすると、厨房でハンバーグとサラダが作られて、ウェイターさんが運んでくるんです(サーバーの役割)

すごいざっくり説明しましたけど、こんな感じです。

はい。サーバーはこういうことです。わかりましたか?まあ、ざっくり説明したので悪しからず。

エックスサーバーへの移行手順

さて、サーバーがわかったところで、サーバー移行というのはなんなのかと言うと、サーバーを変えることなんです。なんで、変えるかというと、まあ、ページの表示速度を速くしたり、サーバーの費用考えたりとかいろいろあるんですが、そんな感じの理由です。今回はお名前.comの共用サーバの表示速度が遅いので、変えました。

はい、で、エックスサーバーに移行する際の手順は貼っておきました。

エックスサーバー移行手順

まあ、大きくは5つの作業ですね。

  • エックスサーバーへの申し込み
  • ブログのドメインをエックスサーバーに登録する
  • 移行下のサーバーからバックアップをとる(wordpressファイルとデータベース)
  • 移行下のサーバーからバックアップをとる(wordpressファイルとデータベース)
  • ネームサーバーへの変更

ワードプレスのバックアップ手順とかもエックスサーバのサイトにも乗ってて、わかりやすいんですが、まあ、ワードプレスの公式サイトのバックアップのマニュアルを参考にした方がいいです。

僕のサーバー移行奮闘記

まあ、サーバ移行をどうやってやるかは、エックスサーバの公式サイトにお任せするとして、僕がサーバー移行でお世話になった時にサイトです。正直僕もなんでそんなエラーが起きたのかはよくわかんないですけど、調べて記事の通りやってみたら直ったていうことが多くて。そんなことを2、3時間やっていたわけで、細かくこれは、この理由でエラーが起きていたんだよねとか言えないんですよね。そんなサーバーのこと詳しくないし。

ということで、その時思ったことを僕が参考にした記事とともにツイートしているので、ベタベタと貼っていきます。まあ、適当に参考にしてください。

はい。とまあ、こんな感じです。どんな時に起こったエラーかさっぱりですね笑。まあ、僕も正直覚えてない。でも、これだけサーバー移行は大変だということです。

最後に

はい。ということでこれからサーバー移行に臨む方々は頑張ってください。
サーバー移行はバックアップ時とアップロード時が超絶暇なので、酒とポテチを用意しておくことをオススメします。

じゃあね。


スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code class="" title="" data-url=""> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <pre class="" title="" data-url=""> <span class="" title="" data-url="">