シェアハウスのルームメイトがMaroon5の「Makes Me Wonder」で自称洋楽マスターとして目覚めた日【自称洋楽マスターのぼやき】

音楽に耳を傾ける人

こんにちは!ハゲてるよー!(@hagetemasu7)

自称洋楽マスターと出逢ったきっかけ

3人でシェアハウスをして住んでいるのですが、その中のひとりに自称洋楽マスターというやつがいます。ぼくが、大学入って一番最初に友だちになったやつですね。出会いは、大学の健康診断で友だちになった同じ学部学科の人の幼なじみが、自称洋楽マスターでした。

健康診断終わったあとに、その友だちと話していたら、偶然、自称洋楽マスターが通りかかって、「オイッス!サークルどこに入るか決めた?よかったら、一緒のサークル入らない?」と言われたのが、出逢ったきっかけですね。いま、思うとあの時自称洋楽マスターに会ってなかったら、シェアハウスも始めていないので、ぼくは、まったく違うキャンパスライフを送ることになっていたと思います。運命なんですかねー。

シェアハウスの早朝DJ

さて、そんな自称洋楽マスターは親切なので、ぼくみたいに1年前まで、まったく洋楽に触れて来なかったモヤい若造にも、刺さるような洋楽を教えてくれます。ちなみに、「モヤイ」というのは、茨城弁で「ダサい」ていう意味らしいです。

はい。ただね、教え方がちょっと斬新です。その洋楽マスターは、毎朝、最新オススメ曲をリビングでかけながら出社していくんですよ。小さい音ならいいですよ。違います。爆音です。いつも、踊りながら出社していきます。うちのシェアハウスは、2階建ての一軒家でリビングは1階にあり、ぼくの部屋は1階にあります。みなさんお分かりですね。毎朝、どんなに眠くても7時には一瞬、目が覚めます。

ただね、洋楽マスターを自称してるだけあって、朝からノリノリになれる選曲です。気になりますよね。では、ここで、自称洋楽マスターがシェアハウス早朝DJとして、回してくれる曲を少し紹介します。

彼はめちゃめちゃWALK THE MOON大好きですね。「Shut UP and Dance」なんて何回聞いたことやら。

洋楽好きの女の子呼んで家でパーティーするときなんか、「Chocolate」かけたらイチコロじゃないでしょうか?いま、書いてて自然に「イチコロ」って言葉出てきたけど、「イチコロ」ってもう死語?

友達とセブ島などの東南アジアのリゾート行く前なんかに「I got U」聞いたら、テンションMAXで行けますね!実際、ぼくもベトナムのニャチャンというビーチリゾートに同期と旅行に行く前はコレばっか聞いてました。

人生に1回はこんなパーティーを主催して、みんなで心ゆくまで騒いでみたいですね。でも、本当に欧米の方々は、こんなファッキンパーティーやってるんですかね?いつも疑問です。

自称洋楽マスターが目覚めた日

そんな自称洋楽マスターは、いつから自称洋楽マスターだったのか?
「中2の時にMaroon5のMakes Me Wonderを聞いて衝撃が走ったんだよ!!!!」

CSの衛星放送を聞いていて、Maroon5と運命の出会いを果たしたらしいんですね。自称洋楽マスターのママがピアノの先生で、ママも洋楽大好きで、CSの洋楽チャンネルを登録していたみたいです。

中学1,2年生の時にMaroon5の「Makes Me Wonder」を聞いて衝撃が走ったという洋楽マスター。茨城の学校中のやつらに「Makes Me Wonder」を聞かせても誰も共感してくれなかったそうです。

「マジで始まりから違うんだよな!なんで、誰もこのよさがわからかったかなー!!!!!」

当時を振り返る自称洋楽マスター。あの当時、茨城県常総市の田んぼの中でチャリ漕ぎながら、Maroon5聞いていたのはオレだけだったと彼は言います。この「Makes Me Wonder」、2008年のグラミーの最優秀ポップ・パフォーマンス賞デュオ/グループもとってますからね。聞いただけで何が流行るかわかる、洋楽マスターを自称するだけあります。

さいごに

茨城のど田舎から生まれた、自称洋楽マスター。見渡す限り田んぼだらけの環境からも、お洒落なやつが生まれると思うと、世の中何が起こるかわからねーなと思いました。そして、そんなやつと出逢えた偶然にも感謝したいと改めて思いましたね。

じゃあね。


スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code class="" title="" data-url=""> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <pre class="" title="" data-url=""> <span class="" title="" data-url="">