低気圧くると体調を崩してしまう頭痛持ちの方必見のアプリ「頭痛ーる」

スクリーンショット 2018-12-11 17.12.53

スポンサードリンク


こんにちは!hagebeatsです!

低気圧がくると必ず頭痛になるんですよね。なんか雨がきたり、台風がきたりすると必ずと言っていいほど、頭が痛くなるんですよね!僕の母親もよく台風がきたり、雪が降ったりすると、必ず具合悪くなリます。どうも、病気以外にも低気圧で頭痛になってしまう方もいるそうです。

なぜ頭痛は発生するのか?

ヘルスケア大学さんの記事によると

低気圧になると、雨や台風などの天候の変化が現れます。気圧が低くなると、頭の中の血管にも影響が出ると考えられているほか、酸素濃度が低くなることによる影響の可能性も考えられています

参照記事:低気圧で頭痛が起こるのはなぜ?

だそうです。酸素濃度が低くなることが原因みたいですね。確かに高山病とかも酸素濃度が低くなって起こるので、これは納得です。

片頭痛と緊張型頭痛

頭痛には二種類あって、片頭痛と緊張型頭痛です。片頭痛はズキンズキンくるやつ。緊張型頭痛は頭を締めつけられるような痛み。花王ヘルスケアナビによると片頭痛の要因は

片頭痛を引き起こす要因としては、ストレスをはじめ、急激な気圧や気温の変化、騒音や人混み、睡眠不足や睡眠過多などが挙げられます。

緊張型頭痛の要因は

デスクワークや運転などで同じ姿勢を長時間続けた場合に、こめかみの部分にある側頭筋(そくとうきん)や、首から肩に広がっている後頸筋(こうけいきん)や僧帽筋(そうぼうきん)などの痛みやこりによって起こると考えられています。また、ストレス、緊張、不安、うつ状態といった精神的な不調も、脳が痛みを敏感に感じる原因となっている可能性もあります。

だそうです。

参照記事:片頭痛や緊張型頭痛を防ぐための基礎知識【頭痛の原因と対策】

頭痛予報アプリ「頭痛〜る」

解決方法としては、無理をしないで休むだったり、身体を温め、リラックスするのがいいみたいです。なんですが、平日は仕事をしている人が大半だと思うので、気候に左右されず、みなさん仕事をしたい、もしくは気圧が下がるタイミングがわかっていれば事前に知っておきたいと思うわけですよ。せめて、いつ頭痛がくるのかわかっておきたい。予測できたらいいなと思うわけですよ。

そしたら、いいアプリがありました。

その名も「頭痛ーる」。機能としては2つあり、気圧グラフと全国マップというのがあります。まず、この気圧グラフから!これは縦が気圧が高いか低いか、横が時間のグラフとなっていて、いつ、低気圧が襲ってくるのかというのが、パッとわかるようになっています。グラフの線が下に下がっていると危ないです。

あともう一つが、全国マップ。これは天気予報ならぬ頭痛予報。全国的にどこが危ないか?がわかります。今日、明日、明後日でどこが危ないのかざっくりわかるので、ざっくり知りたい場合は、頭痛予報便利です

ちなみに、頭痛ーるの公式ツイッターで毎日頭痛予報をツイートしてくださっているので、フォローするといいかもです。僕は朝のニュースよりも最近こっちを見てます。

低気圧性頭痛を治す方法

まず、ホットコーヒー。緊張型頭痛であれば逆効果なので危険ですが、低気圧性の頭痛であればホットコーヒーを飲むことが多いです。カフェインが血管を収縮させる役割を持ち、あったかいものを飲むことで血行をよくするからですね・・・

だから低気圧型で頭痛になる場合は、ロキソニン飲んでも効かないんですよね。

次に銭湯で交互浴。これもデスクワークが長引くことによる血行不良が原因で頭痛が発生しているのであればなおさらですね。

最後はお医者さんです。頭痛だからと言って舐めてかかってはいけません。もしかすると脳の病気の可能性もあるわけなので、ブログ書いてる僕が言うのもどうかと思いますが、民間療法に頼らず病院に行って診察を受けてください。

関連記事:台風で気圧の低い日に自律神経が狂ってしまう人にオススメの3つの対策法教えます!

最後に

はい。ということで、こちらが頭痛ーるアプリです!ios、androidどっちも対応していますので、ぜひ

頭痛ーる

無料
(2018.09.24時点)
posted with ポチレバ

スポンサードリンク